So-net無料ブログ作成
検索選択
育児書籍 ブログトップ

赤ちゃんと話そう!生まれる前からの子育て [育児書籍]

胎内記憶からわかった子育ての大切なこと

これから出産を控えたプレママさんにオススメの本です。

先日、オネエ言葉を話すことで有名な尾木教授がテレビで言ってました。
赤ちゃんの胎児の記憶はみんな持ってて、成長するうちに消えていくのだと。

だいたい3〜4歳になる頃にはほとんどの人が記憶が薄れるようですが
この本を読むと不思議な胎内記憶の話しが載ってます。

日本で初めて3500人以上からアンケートを取るという大掛かりな調査を元に作成されてます。

著者は池川明氏。産婦人科を開業されてる医学博士です。他の著書はコチラ>>池川明氏の書籍

赤ちゃんがお腹にいる時から親子の絆づくりを始めて、気持ちよく生まれるための出産の準備を
してみませんか?そのヒントが見つかることを期待してご紹介します。

>>この本を読んだ方の感想はコチラ


タグ:育児本
nice!(6)  トラックバック(0) 

子どもの話にどんな返事をしてますか? [育児書籍]

"親がこう答えれば、子どもは自分で考えはじめる"

お子さんをついガミガミ叱ってしまう。
そんな時、親である自分も嫌な後味がするし、子どもは尚更自分の居場所を探してしまう。
これの繰り返しの毎日。お互いに神経すり減りますよね。
心当たりのある方にオススメの本です。

子どもを叱るときに「どうしてそんなことするの?」と聞いても子どもだって自分の行動に
理由があってやってる訳ではないことがたくさんありますよね。それが子どもです。
親はそれがわかっててもいざ叱るときは感情的になりがち。

この本は外人の著者で、文化は違えど子育てに共通点は多く参考になります。

>>この本を読んだ方の感想はコチラ  


タグ:育児本
nice!(2)  トラックバック(0) 

子どもが育つ魔法の言葉 [育児書籍]

世界22カ国で愛読され、日本でも120万部を超えるベストセラーとなった子育てバイブル。


育児に行き詰まってる方にオススメです。

子供は一番身近の親を見て育ちます。子供は親の鏡ともいいますよね。

一方、親は子供に対する期待が大きいだけに一生懸命に育てようとしますが、
空回りしてしまうことがあります。それは、仕方のないこと。
最初から立派な親はいないのです。
子供と育てながら一緒に成長すると考えれば気が楽になりませんか?
子供によって親になるのでしょう。

どんな言葉を子供に使ったらよいのか
子育てでもっとも大切なことは何か、
どんな親になればいいのかというヒントがこの本をとおして見つかれば幸いです。

著者:ドロシー・ロー・ノルト/レイチャル・ハリス

>>「子どもが育つ魔法の言葉」を読んだ方の感想はコチラ


タグ:育児本

0~4歳 わが子の発達に合わせた1日30分間「語りかけ」育児 [育児書籍]

0~4歳 わが子の発達に合わせた1日30分間「語りかけ」育児

0~4歳 わが子の発達に合わせた1日30分間「語りかけ」育児

  • 作者: サリー ウォード
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2001/06/26
  • メディア: 単行本


英語育児やバイリンガル育児をされてる方におすすめの本です。

ご自分の小さなお子さんが果たして年齢に応じた知能の発達をしているか不安を感じることがあるかと思います。そのような時はこの本をめくるとヒントがあるはずです。

語りかけ育児という言葉をご存知ですか?

お母さんが静かな環境で赤ちゃんの興味に沿って遊んだり、
語りかけることで子供の才能を最大限引き出し、コミュニケーション能力を育てる方法です。

子供達の心と知能の発達に驚くべき効果が立証され、
子供の言語能力&知能を確実に伸ばす方法としてイギリスの政府が推奨を決定。

今注目の育児方法です。

>>この本を読まれた方の感想はコチラ


タグ:育児本
育児書籍 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。